FXにおけるトレードルールの選び方

subpage1

ネットやスクールには様々なトレードルールを調べることができます。

勝率○%というものや月利○%というものまでたくさんありますが、実際にその成果を出せるかどうか保証できるものではありません。


実際のところ悪質なものもありますし、理想を言えば自分で作ったトレードルールを全うすることこそが、勝利への近道といえます。

FXには様々なトレードスタイルがあるので、その点も考えておいたほうがよいでしょう。

産経デジタルの新しい魅力を紹介します。

専業主婦やしっかりと時間がとれるという方は「スキャルピング」や「デイトレード」がおすすめです。



短期的に取引をするトレードスタイルでスキャルピングは5分足や10分足を使って取引します。

デイトレードはもう少し長い時間足を使って取引し、1日の間にすべてを決済するというシステムです。
スキャルピングは高レートでの取引となり、ちょっとした変化を掴み取るトレードルールとなります。

チャートを見続けることが基本となりますので、精神的にタフな方でないと長続きしないかもしれません。
一方で精神的にゆとりのあるトレードスタイルが「スイングトレード」です。



1週間程度の保有を考えている手法で、あまりFXに時間を使うことができないという方におすすめです。


日足と1時間足を使ってトレードするというようなスタイルがメインとなります。
この手法の良いところは1日1回チャートを見ればよいということ。

損切りと利益確定を設定しておけば後は放置でOKです。


時間的にも精神的にもゆとりがうまれるのはありがたいですよね。FXをはじめてやるという方におすすめのルールといえます。