FXの注文方法の種類

subpage1

FXはシンプルな取引で多くの人に人気のある取引ですが、注文方法をうまく利用することで、忙しい人でも効率よく取引ができるようになります。


そこで、FXの注文方法の種類としては、成り行き注文、指値注文、逆指値注文などの注文方法があります。



まず、FXの成り行き注文に関しては、現在のレートで通貨の売買をするという注文方法です。



必ずしも現時点でのレートで購入することができるとは限りませんが、今すぐに通貨の売買をする場合は一番有効的な注文方法です。

朝日新聞デジタルの情報はかなり役に立ちます。

指値注文に関しては、自分でいくらになったら、通貨を買うのか売るのかといったことをあらかじめ決めておくという注文方法です。


指値注文であれば、自分が希望とする値段で通貨を売買することができます。

しかし、通貨のレートが必ずしも自分が設定したレートになるとは限らないので、場合によっては注文が成立しないこともありますので注意が必要になってきます。

逆指値注文に関しては、通常、買い注文を指値注文でする場合は、現時点でのレートよりも安い価格で注文をすることになりますが、逆指値注文の場合は、現時点でのレートよりも高いレートになった時に指値注文を出すことになります。
売り注文の場合は、この逆のパターンになります。

これらの注文方法は、これから通貨を売買するときにも利用しますが、保有している通貨を決済するときにも利用されます。


今保有している通貨を今すぐに決済したい場合は、成り行き注文、あくまで自分が設定したレートで決済したい場合は、指値注文、あるいは逆指値注文を出すことになります。